風は明日の方角から lmaginator 來田 淳blog

935D5CF7-B3DD-4A32-B70C-DC7D94099327





















御隆荘ガレージの日当たりの良い土地を耕していた戸田さんが、初成りの野菜を下さって、早速生かじり! 万願寺唐辛子も美味いが、僕は子供の頃からもぎたての茄子を見ると齧らずにいられなくなる。
料理した茄子ももちろん美味いが、やはり生が一番良い。
ありがとうございます。残りは今夜の夕食に頂きます!

22FFEBFF-2E3F-4ED9-A547-E503D2D628D9














『第一滝本館』の世界一広い大浴場。係の人に聞いたら男女合わせて1,500坪あるらしい。 こんなデカい大浴場を見たのは初めてだった。
男子の更衣籠やロッカーだけでも約800人分あって、男女合わせて1,600人が同時に入れる。そんな空間に、僕の他に入浴していたのは僅か4人。。。

毎日莫大な赤字を出しながらも平素と変わらない姿勢で営業を続けておられることに、僕も経営者の端くれとして、複雑な気持ちになってしまう。

登別温泉の老舗旅館創業160年の歴史の中で、コロナ禍はおそらく最大の試練だと思うけど、頑張ってください応援しています!


 

5761E9DB-763F-449E-88F2-05938E9A9B2D

05CEF97E-713A-413E-AEF8-A8AD96FD1F77
























いつも残さずきっちり頂きます^ ^

E6554212-958F-481C-B0E3-FF4F9D16D6B8














ただ、パノラマは霧の中。
今までのコースも合わせ、これで「日本の百名道 北海道編」は全部走った!
(と思ったが、まだマニアックなところが少し残っているようだ。)
須藤英一さんの美しいサイト。
 http://www.sudo2.com/

4199A9C7-DB2E-4A3D-B1B0-942DBBE5B396














旭川で写真家の後藤昌美さんご夫妻と約25年ぶりに再会して居酒屋で閉店前まで楽しく過ごし、明日小樽までどのコースが良いだろうかと尋ねたら、やはり美瑛ー富良野を経由してということになって旭川から真っ直ぐ南下。頭上の空も晴れてきたのでたっぷり美瑛を満喫した。

丘の上の見晴らしの良いペンションでの珈琲タイム。こういうペンションを別荘感覚で基地にして、日々スケッチブックを手に、ゴッホのように朝から晩まで描きまくるのも贅沢だのうと想像してニタニタ^ ^

苦手な珈琲も美味しかったペンションです。
https://www.shikisainooka.jp/pension/about/

320CBA3C-3B2E-4CFC-A784-6449D4BD0ED0

















ドーミーインで温泉に入って寿司屋通りへ。
生中と焼酎ロックを3種類頂く。
板さんも女将さんも、これから先もずっとマスクするのかなあ。 
仕方ないとはいえ、なんか気持ち悪いなあ。 

で、本日ここ小樽でもクラスター発生。
風俗店とカラオケは、もうチョット辛抱したら?

F9D43B84-9ECA-4115-9093-4920BC555CA8














今日の天気予報も、北海道は全域曇り。
でも景色の良いところでは晴れてくれた。  BFBCDE8D-B37E-439F-B690-D10E877EBD99

BA22FE72-A115-4236-8A64-79B8EAB379C3















旭川紋別道旭川ICの近くまで来て、行手の道路に動物が入り込んで通行止めになり、カーナビのインフォメーション通りにICを出たものの、あっち曲がれこっち曲がれとややこしい指示に気を取られ言われるままにハンドルを切っていたら、後ろで屋根の赤いのがチカチカ。 パトカーだが1人で運転してるしヘルメットも被ってないので大丈夫だとタカを括って制限速度内で暫く走ったが、次はパッシング。
違反しやすい地点で見張られてたようで、見逃してはくれなかった^^;
やれやれまた2点減点、7,000円。

 北海道警は守備範囲が広いわりに人数が少ないので、事故が起きてからしか来ないなんて聞いていたがとんでもない、初日の道央道でも同じパトカー(覆面でない)が2度捕まえるのを見かけた。
ご苦労様です! 

38297695-0899-43BF-A0A4-14F1DE1C755D














礼文島から稚内までフェリーで2時間。大阪ー千歳空港間と同じだけ時間がかかる。下船して宗谷岬を目指す。霧が綺麗だった。
宗谷岬からは太平洋側の美しい海岸道路を、紋別に向かってゆっくり南下。 

このページのトップヘ